Profiles and Activities : National University Corporation Fukushima University

Profile

横尾 善之(准教授)
Yoshiyuki Yokoo

Home Page アイコン

所属専攻 環境システムマネジメント専攻
専門分野 流域水文学
最終学歴 東北大学大学院工学研究科土木工学専攻
学位 博士(工学)(東北大学)
顔写真

主な担当授業科目

流域管理計画概論
流域の水の管理や計画に関する最新の研究動向を順番に紹介し,水分野の研究の全体像を俯瞰する.また,今後解決すべき水問題についても事例紹介を行い,水問題と向き合う視点を体得する.
流域管理計画論
流域の水の管理や計画を具体的に行う際に必要な基本的知識や技術を紹介し,それらを演習形式で学習する.この講義を通じて,流域の水の管理や計画に関する素養を身に付け,実現象を独力で把握・解析する能力を涵養する.
流域水循環特論Ⅰ
 地球上の水は,一部の化石水を除き,循環しているのが最大の特徴であり,この循環過程にある水と人間を含むすべての生物が関わっている。その循環の仕方は,自然的に変動するとともに,人間活動によっても大きく変化する。この授業では,様々な気候条件,土地利用,空間スケールを有する河川流域を対象として,水循環システムのメカニズムとそのモデル化について学ぶとともに,人間活動が水循環システムに与える影響や水循環と生態系の相互作用について学習する。
流域水循環特論Ⅱ
流域水循環特論Ⅰに引き続き,この講義では,演習形式により,様々な気候条件,土地利用,空間スケールを有する河川流域を対象として,水循環システムのメカニズムとそのモデル化について学ぶとともに,人間活動が水循環システムに与える影響や水循環と生態系の相互作用について学習する。

主な研究

気候・地理条件による流況曲線形状の推定と全日本地下水涵養ポテンシャルマップの作成
本研究は,河川流量の年間の累積頻度分布である“流況曲線の形状”と“流域の気候・地理条件”の包括的関係を整理し,気候・地理条件から流況曲線形状を推定する方法を確立することを目的とする.また,その副産物として全日本地下水涵養ポテンシャルマップの作成を行う.
水文・水質データに基づく流域水循環機構の解明
この研究は,河川の水量および水質データに基づいて,流域内の水循環機構を明らかにすることを目的としている.
気候変動に対する河川流量の応答特性の把握
気候変動に対する河川流量の応答特性をデータ解析ならびにモデリングを通じて明らかにする.

研究室紹介

本研究室は,流域の気候・地理条件と水循環の関係を明らかにすることを目標として活動しています.この活動を通じて,社会に役立つ情報を発信するだけでなく,後世まで永く利用される確かな科学的知識を発信していきたいと考えています.この中で,降水量や河川流量などの観測データに内在する現象を見出す洞察力やそれに基づく現象の適切なモデリングができる人材の輩出を目指します.

研究室のHP:
http://sites.google.com/site/fukushimawatershedhydrologyj/home

高校生のみなさんへ

人間と自然の共存を考えるには,空気,水,土と我々人間を含む生物の相互関係を理解する必要があると思います.中でも水は,地球を循環しながら生物にとって住みやすい環境を構成する大事な要素と言えるのではないでしょうか?また,水は資源としての側面も持ち合わせており,人間活動と非常に深いつながりがあります.この水を中心にすえて空気や土や生物との相互関係を理解することは,地球を正しく理解して将来を見通す上で非常に大事であると考えています.

 高校生の皆さんには,水についてぜひ一緒に勉強・研究していただき,皆さんの子や孫の世代まで安心して暮らすための英知を創造,伝承していただきたいと考えています.

最近の著作など

1. 高橋裕・岩屋隆夫・沖大幹・島谷幸宏・寶馨・玉井信行・野々村邦夫・藤芳素生:
川の百科事典,
丸善,2009(分担執筆).
2. 横尾善之・沖大幹:
山地河川の流況曲線形状を説明するための表層地質の分類法に関する検討,
土木学会水工学論文集,第53巻,pp.463-468,2009.
3. Yoshiyuki Yokoo, Murugesu Sivapalan, Taikan Oki:
Investigation of the Relative Roles of Climate Seasonality and Landscape Characteristics on Mean Annual and Monthly Water Balances,
Journal of Hydrology, Vol.357/3-4, pp.255-269,2008.
4. 横尾善之・有働恵子:
流域の地理条件が流況曲線形状に与える影響,
土木学会水工学論文集,第51巻,pp.373-378,2007.
5. Yoshiyuki Yokoo,Murugesu Sivapalan:
Effect of Capillary Rise on Subsurface Runoff in the REW Modeling Framework,
Annual Journal of Hydraulic Engineering, Vol.50, pp.55-59, 2006.
6. 多田毅,横尾善之,重村利幸:
タンクモデル定数の同定における安定性の導入,
土木学会論文集,No.782/II-70, pp.1-10,2005.

Back