Profiles and Activities : National University Corporation Fukushima University

Profile

難波 謙二(教授)
Kenji NANBA
所属専攻 環境システムマネジメント専攻
専門分野 環境微生物学,社会地質学
最終学歴 東京大学大学院農学系研究科
学位 博士(農学)(東京大学)
詳細 こちら
顔写真

主な担当授業科目

土壌浄化技術概論と土壌浄化学実験
土壌の自然科学-物理学的,化学的,生物学的現象を概観。土壌汚染とその浄化についても述べる。 実験では,概論で取り扱った内容の一部について実際に試料採集や分析を行なう。

主な研究

環境の微生物学
風化や堆積物の変化などの固液気相が絡み合った系の過程で,微生物の果たす役割を研究対象としている。また,そこでの知見を実際の汚染浄化や汚染の予防等,持続的人間活動への科学の側からの貢献についても行いたいと考えている。

研究室紹介

土壌,河川,地下水の微生物生態と環境化学

高校生のみなさんへ

私は多分,生きていられる時間の半分くらいを既に過ごしています。一日で言うと午後のある時間のような気がします。夜型の私にとっては残りはまだ長いと見ることも出来ますが。人の一生の時間というのは文明の歴史と比べると一桁かせいぜい2桁の違いで,近い感覚で比較可能ですが,生物の歴史や地球の歴史にくらべるとあまりに些細な長さに感じてしまいます。時間というスケールから見ても,人,あるいは人類は地球とうまくつきあって生きることが長い目で見ると賢い生き方と言えるでしょう。

最近の著作など

1. 難波謙二 (2004) 「環境」におけるPlacebo反応類似現象.第14回環境地質学シンポジウム論文集,273-278.
2. Nanba, K., King, G. M. and Dunfield, K. (2004) Analysis of facultative lithotroph distribution and diversity on volcanic deposits using the large sub-unit of ribulose 1,5-bisphosphate carboxylase/oxygenase. Applied and Environmental Microbiology 70(4): .2245-2253.
3. Takeuchi, M., Nanba, K., Furuya, K., Nirei, H. and Yshida. M. (2004) Natural groundwater of a gas field utilizable for a bioremediation of trichloroethylene-contamination. Environmental Geology 45:891-898.

Back