地域連携情報 | 国立大学法人 福島大学 共生システム理工学類

地域社会との連携

 共生システム理工学類では、地域社会の諸機関や自治体と連携しながら、多様なシンポジウム、講座、講演会、研究会などを開催しております。このような活動を通して、当学類の研究成果を市民の皆さまに分かりやすく解説し、還元することを目指しております。

主な実績

放射線計測チーム

福島大学放射線計測チーム

 福島大学共生システム理工学類では原子力発電所の事故の後、福島という地に生活する同じ県民としてそれぞれの専門性を活かしながら地域に貢献したいという有志の教員が集まり、放射線計測プロジェクトを行うチームを立ち上げました。

 福島県内の放射線レベルについて、いくつかの機関から公表されていたが、いずれも特定の測定地点におけるいわば点データとしてのものでした。福島大学放射線計測チームでは、均質な計測条件のもとに2km四方ごとの測定を行い、放射線レベルの全体の分布がどうなっているかを調査しました。その結果、日本国内で一番早くマップ形式の放射線レベル分布データを公表しました。

 詳細は放射線計測チームのHPを参照してください。
福島大学放射線計測チーム別ウィンドウでアクセスします

文科省質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)選定事業

科学的理解の深化を促す地域連携型理工教育(H20 - 21年度)

 科学館という公共の場で、「一般市民向けの科学教室や展示を企画・製作・実施する」という目標を、モノづくり指向の工学系学生とヒトづくり指向の教員志望学生の両者からなるチームに与え、その距離感を近づけることで、科学原理や手法に対する理解のレベルと、それを「伝える」能力(科学コミュニケーション能力)の向上を相乗的かつ飛躍的に高めることを目的としています。

 本取組を通して、地域の科学館の活性化や地域の子ども達の理数系教育レベル向上にも寄与しようとするものです。

 詳細は教育GPプロジェクトのHPを参照してください。
教育GP事業報告会別ウィンドウでアクセスします

わくわくサイエンス屋台村

わくわくサイエンス屋台村

 福島大学では、平成14年度より小・中学生の体験活動等を支援する地域貢献特別支援事業を展開しております。

 「サイエンス屋台村」は、その一環として行われている地域の子どもたちに身近な科学を感じてもらう科学理解増進活動です。

 福島市子どもの夢を育む施設「こむこむ」を一日全館借り切って、共生システム理工学類の教員、学生を中心に19の実験屋台を形成します。地域の皆さまがたくさんの屋台を手軽に回り、科学を楽しんでもらうことを目的とします。

 開催内容・時期などの詳細は福島大学イベント情報(サイエンス屋台村)を参照してください。
福島大学-イベント情報別ウィンドウでアクセスします

研究交流会の開催

研究交流会の開催

 毎年1~3月共生システム理工学類は、人間支援システム専攻、産業システム工学専攻と環境システムマネジメント専攻が別々に研究交流会を開催します。

 各専攻教員の個人研究成果だけでなく、学類または専攻横断的な研究プロジェクトの研究成果も発表します。

 他大学・研究機関の学者・研究者、また企業の実務者を招き、最新の研究話題を提供していただきます。

 日程などは随時理工学類のTOPページにてお知らせします。

地域の展示会・交流フェアへの参加

  • ふくしま環境・エネルギーフェア 2010(10/2〜3 郡山市)
  • メディカルクリエーションふくしま 2010(11/25-26 郡山)

産学連携情報

産学連携情報 をご覧ください。