教員総覧 | 国立大学法人 福島大学 共生システム理工学類

教員紹介

中村 和正(准教授)
Kazumasa Nakamura

ホームページ アイコン

所属専攻 産業システム工学専攻
専門分野 無機材料工学
最終学歴 東京工業大学
学位 博士(工学)(東京工業大学)
詳細 個人業績データベースシステムへ アイコン
顔写真

主な担当授業科目

材料工学概論
本講義では、主に金属やセラミックスを代表として材料全般について、構造・組織・合成法・物性について概説する。

詳細は、ホームページをご覧下さい。
その他の担当している講義についても載せてあります。
材料分析基礎
本講義では以下の様な主に固体材料の機器分析について概説する。
・顕微鏡(光学顕微鏡、電子顕微鏡など)による組織観察
・電磁波や放射線を利用した機器による構造解析
・熱分析、電気・磁気計測、吸着などの物性測定

詳細は、ホームページをご覧下さい。
その他の担当している講義についても載せてあります。

主な研究

現在のテーマ
CNF強化プラスチックおよびCNF/炭素複合材料の高機能化
⇒人工物やバイオマス由来のナノファイバーを使いより高性能な材料を作ろう
・カーボンナノファイバー強化炭素複合材料の界面制御と各種特性評価
・バイオマス(ナタデココ)由来カーボンナノファイバー強化炭素複合材料の作製と各種特性評価
・カーボンナノファイバー強化炭素複合材料のマイクロトライボロジーがマクロの摩擦摩耗特性に与える影響

バイオマスを由来としたカーボンナノファイバーの作製と高機能化
⇒バイオマス原料の処理を工夫して高性能な材料を作ろう
・ヨウ素不融化によるバイオマス(ナタデココ)由来カーボンナノファイバーの作製と高機能化
・バイオマス(ナタデココ)由来3次元網目状カーボンナノファイバーへの磁性付与による高機能性浄化複合材料の開発

液相混合より高機能性浄化複合材料の作製
⇒原料の液体同士を混ぜて新規高機能性浄化複合材料を作ろう
・磁性流体を用い多孔性と磁性を両立させた新規高機能性浄化セラミックス複合材料の液相からの作製

詳細はホームページをご覧下さい。

過去のテーマ
表面処理による炭素材料の高機能化
⇒特殊な表面処理をして材料に新機能を発現させよう
・プラズマ処理による酸素還元活性炭素材料(白金代替触媒)の作製
・イオン照射による炭素材料の表面・界面改質と蓄電材料の作製

炭素材料の酸化と難燃性炭素材料開発
⇒炭はなぜ燃えるのか探究し、燃えない炭を開発しよう
・難燃性炭素材料の開発(燃えない炭はできるか?)
・X線光電子分光法を用いた炭素材料の酸化挙動の解析
・溶液処理による炭素材料の酸化・腐食挙動と実用化への最適処理条件の検討

セラミックスの基礎研究関係
・福島県窯業(会津本郷焼・大堀相馬焼)の震災復興に向けた試み
・セラミックス(炭化物等)の高温構造解析

詳細はホームページをご覧下さい。

研究室紹介

本研究室では、材料(セラミックス(無機材料)・プラスチック・複合材料など)の研究を基礎から応用まで幅広く行っているのが特徴です。

面白い機能を持った材料であれば、材料の種類を問わず、視野を幅広く持ち、あらゆる材料の研究に挑戦しています。

省資源・省エネルギー・低環境負荷製造の観点に立った材料の物理的・化学的・機械的特性の改善・改質・融合・相乗そして製造プロセス改質による材料の高機能化・高性能化・高付加価値化の実現を目指しています。
その延長線上には、新規高機能性材料の開発があります。

研究の基本的な考え方は、「材料の原料・前駆体への同種and/or異種元素添加による材料の高機能化」です。

実社会に役立つ「ものづくり」に興味がある学生、大学院進学希望の学生は大歓迎です。

少しぐらい勉強ができなくても、明るく元気な学生がモットーです。

http://sites.google.com/site/fukushimanakamuralab/home

高校生のみなさんへ

大学は、社会に出る素養を身につける場です。
したがって、勉強だけ、サークルだけ、アルバイトだけ、遊びだけに片寄らず、それらをバランス良く楽しんで下さい。
つまり、「良く学び、良く遊んで」下さい。

研究に関しては、答えは1つに決まっていませんので、試行錯誤を楽しんで下さい。
もちろん、より研究したい方には、大学院進学を進めています。

我々の研究室にご興味がある方は、ホームページをご覧ください。

http://sites.google.com/site/fukushimanakamuralab/home

最近の著作など

1. 安田榮一,赤津隆,田邊靖博,中村和正,干川康人,宮嶋尚哉「(総説) カーボンナノファイバーの微細組織制御」炭素,2012[255](2012) 254-265
2. K. Nakamura, H. Morooka, Y. Tanabe, E. Yasuda, T. Akatsu and H. Shindo, “Surface oxidation and/or corrosion behaviour of glass-like carbon in sulfuric and nitric acids, and in aqueous hydrogen peroxide.”,Corros. Sci., 53 (2011) 4010-4013.
3. K. Nakamura, Y. Teranishi, Y. Wada, K. Tano, I. Nakamura, Y. Tanabe, E. Yasuda, T. Akatsu and H. Shindo, “Surface modification behavior of glass-like carbon by oxygen implantation.”, Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res. B: Beam Interactions with Mater. and Atoms, 267 (2009) 1642-1644.
4. K. Nakamura, Y. Tanabe, M. Fukushima, Y. Teranishi, T. Akatsu and E. Yasuda, “Analysis of surface oxidation behavior at 500 oC under dry air of glass-like carbon heat-treated from 1200 to 3000 oC.”, Mater. Sci. and Eng. B, 161 (2009) 40-45.
5. K. Nakamura, Y. Tanabe, Y. Nagakura, T. Nishizawa, K. Fukuyama, Y. Hatakeyama and E. Yasuda, “Improvements in char yield and pore properties of wood-derived carbon by iodine treatment.”, TANSO, 2008[234] (2008) 215-219.
6. K. Nakamura, M. Yashima, “Crystal structure of NaCl-type monocarbides MC (M=V, Ti, Nb, Ta, Hf, Zr), A neutron powder diffraction study.”, Mater. Sci. and Eng. B148 (2008) 69-72.
7. K. Nakamura, T. Sano and H. Shindo, “ Frictional property of glass-like carbon heat-treated at 1000 to 3000 oC.”, Mater. Sci. and Eng., B148 (2008) 242-244.
8. K. Nakamura, Y. Tanabe, N. Suzuki, M. Kakihana, M. Fukushima, Y. Teranishi, L. Lanticse and E. Yasuda, “Analysis of oxidation behavior under dry air of neat and Ta-alloyed furan-resin-derived carbons heat-treated at 3000 oC.”, Surf. Interface Anal., 37[13] (2005) 1137-1142

教員総覧目次へ戻る