Profiles and Activities : National University Corporation Fukushima University

Profile

佐藤 理夫(教授)
Michio Sato
所属専攻 産業システム工学専攻
専門分野 製造プロセス工学・化学工学
最終学歴 東京大学工学系研究科(東京大学・生産技術研究所)
学位 工学博士(東京大学)
顔写真

主な担当授業科目

化学工学概論
試験管やビーカーの規模で成功した化学反応を、工場やコンビナートという規模で、安全かつ経済的に行うために必要な学問が、化学工学です。温める・冷やす・混ぜる・分けるといった、理科で習う「化学」以外の現象が、この科目の中心です。高い視点で技術を見ることを目指します。
物質移動論(熱と物質の移動現象論)
洗濯物が乾く。角砂糖が溶ける。この当たり前な現象をしっかり説明するのが物質移動論です。冷蔵庫の脱臭剤、美味しい水を作る浄水器、これらは微量な成分を移動させ、除去する技術から成り立っています。
化学コンビナートのような製造プロセスでも、湖や河川といった環境でも、熱や物質の移動を定量的に把握することが、正しい理解のために重要です。
産業システム工学実験
産業システムをいろいろな切り口から眺め、教官の個性を活かした実験または演習を行います。作って観察する楽しさを味わってください。
基礎実験(化学系)
2009年度入学生より、基礎的な実験科目が必修となりました。1年生後期に受講します。
物理と化学を各6回、体験します。
見て触れて、知識を深めてセンスを養いましょう。

主な研究

福島に求められる技術とは
各種プロセスにおける物質とエネルギーの移動解析を専門としています。
除染技術・再生可能エネルギー技術・地域における資源循環解析など、東日本大震災からの復興に資する研究を、積極的に行っています。

環境に優しい製造技術
ものづくり・エネルギーづくりに関しては、ジャンルを問わずに研究対象とするよう心がけています。最近は、畜産廃棄物の資源化や食用油脂の燃料化など、バイオマスに関するテーマが増えています。種々のリサイクル技術にも取り組んでいます。写真は、畜産廃棄物を良質な堆肥に変える設備です。一日6トンの牛糞を扱っています。『牛糞からハイテク素材まで』 人と環境に優しい技術なら、なんでも扱います。
研究写真
バイオディーゼル実証試験
福島市内の企業と連携し、バイオディーゼル燃料(BDF)の実証試験をしています。
廃食用油からディーゼル燃料を製造し、物性評価と燃焼試験をしています。写真は発電機を用いた燃焼試験の様子です。
一か月に1000リットルを超えるBDFを製造しており、連携先の配送トラックがBDFで運行されています。
冬季でも固まらず安定して使えるBDFの製造手法の開発と、従来はBDFには不向きとされてきた油脂の燃料化を行っています。
研究写真

研究室紹介

県内の企業や研究機関との共同研究を中心に、実用重視の研究を実施しています。製造現場の見学や、研究開発者との対話を重視し、成果は積極的に発表しています。

現実の技術やシステムの中のどこに課題があるかを発掘し、自ら実験方法を考えるところから、研究をスタートさせます。実験に失敗しては苦しみ、頭を悩まし・・・。もがき苦しんだ中から光が見えたら、それを成果として堂々と発表する。
この経験の積み重ねが、産業界を支える人材を育てると信じています。

2014年度のメンバーは、秘書兼研究補助員1名、大学院生4名(うち1名は社会人)、学類生8名です。

高校生のみなさんへ

科学技術は高度化・多様化しています。一人の人間がすべてを理解し、把握することは困難な時代となってきました。多くの分野の人との、協力・協調・協同が必要となるわけです。専門領域だけにとどまらず、幅広い事柄に興味と知識を持つ人材が、ますます必要とされるでしょう。人とコミュニケーションをする能力を、大学生活で養ってください。授業だけでは得られません。サークルやボランティア活動も積極的に!

最近の著作など

1. 福島大学 業績データベースをご参照ください
http://kojingyoseki.adb.fukushima-u.ac.jp/top/details/197

Back