Profiles and Activities : National University Corporation Fukushima University

Profile

金澤 等(教授)
Hitoshi Kanazawa

Home Page アイコン

所属専攻 産業システム工学専攻
専門分野 高分子化学、機能性材料学、染色化学、繊維科学
最終学歴 東京工業大学理工学研究科博士課程修了
学位 工学博士(東京工業大学)
詳細 こちら
顔写真

主な担当授業科目

産業システム工学実験-高分子の合成と構造解析
一部担当:眼鏡やガラスの材料となる透明なアクリル樹脂をつくる実験等を通して身近な材料の基礎を学びます。
共通教育  「かたちとちから」 一部担当「身の回りの高分子の世界」
プラスチック、タンパク質、セルロース、澱粉、接着剤など、私たちの身体や身の回りのほとんどの材料を構成する物質は高分子という大きな分子からできています。この概念を理解するための基礎的な考え方と事実との関連を説明します。
1機能性材料概論、2複合材料合成
1高分子化学の基礎をしっかりと学び、高機能性材料の考え方の初歩を学ぶ。2高機能性材料の例を学び、その応用としての複合材料の考え方を学びます。
材料創造演習
これまで製造の困難とされている材料、環境適応型の材料、電気を流すプラスチック類など、新素材をつくるための基本的な考え方と応用について演習を行います。

主な研究

改質の困難な高分子・プラスチックの表面処理
ポリエチレン、ポリプロピレンなど丈夫で安く、低公害型の材料は、一方で、濡れない、接着剤で付かない、色を染められないなどの欠点をもっています。これらの欠点を改良すべき新加工法の開発による高機能化を行ない、用途の拡大を目指します。
Preparation of polypeptides with constant high-molecular weight
私たちの身体をつくる生体構成物質としてのみならず、皮革・繊維製品などの材料としても、タンパク質は大変重要な素材です。このようなタンパク質を人工的につくる場合、それらを広く、タンパク質モデルといいます。本研究では、アミノ酸無水物(アミノ酸から合成した物)の化学反応を追及した結果、高分子量で分子のサイズの揃ったタンパク質モデルの合成が可能となってきました。このようなタンパク質モデルはこれまで不可能であり、合成の目標とされてきました。独創性に富む手法により、過去80年以上に及ぶこの領域の誤解を解き、正しい考え方を世界に報告していきます。
研究写真

研究室紹介

 私は新規性と独創性を念頭に、「他の人のまねをしない事」、「常に新しい事を含むこと」を心がけて、応用と学術的意義を考えて研究に取り組んでいます。それは決して容易ではありませんが、「人まね」では満足できません。
 現在は、資源と環境を考えて、「価値のあるタンパク質モデルの新合成」、「プラスチックやシリコン、フッ素樹脂の改質による高機能化」、「廃棄材料の有効利用を考慮した水と空気の浄化性能のある材料の製造」 の3テーマを中心に行っています。特に、タンパク質モデルの新合成については、これまで、世界で不可能と言われたー分子量数万〜数十万で分子サイズのそろった(単分散)合成タンパク質を作る事に成功しました。材料の改質研究では、吸水性のポリプロピレンや接着できるポリエチレン、シリコン樹脂、フッ素樹脂を開発して、国で主催する「イノベーションジャパン2008、2009(東京国際フォーラム)」において、発表して、1000人以上の来訪者を集めました。

高校生のみなさんへ

小、中、高等学校と長い間、筆記試験を目指して勉強をしてきた諸君に、初めて興味が持てて役に立つことを学びます。例え小さな一歩でも世界に訴えられる真理の探究に携われることを目指します。そこでは暗記は余り役に立ちません。何故なら暗記には時々誤りがあり、失敗や事故につながっては困るからです。必ず、書物で調べてから、実験等を行います。

最近の著作など

1. Macromolecular Symposia, Volume 242, Issue 1, Date: October, 2006, Pages: 104-112
2. アメリカ特許 7294673 (2007)
3. 日本接着学会誌、Vol.46, No.4, 2010.
4. 繊維学会誌,pp.307-310, No.11,Vol.61(2005).
5. 塗装工学, Vol.44, No.3,pp.94-97 (2009)
6. プラスチックエイジ , Vol.55, No.3,pp.76-79,(2009)

Back